読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1968年に『星空の孤独』でデビューを果たした和田アキ子

1968年に『星空の孤独』でデビューを果たした和田アキ子。子供の頃から和田をテレビで見ていて、良く知っていたのだが、和田が歌手だということを知ったのは、かなりの月日が経ってからだった。

 そんな和田の存在を意識するようになったのは、たしか小学校低学年の頃だった。『金曜10時!うわさのチャンネル!!』(日本テレビ系)というバラエティ番組が放送されていて、その番組が死ぬほど好きな小学生だった。放送時間が遅いことで小学生にとっては敷居の高い番組でもあったが、4つ上の姉や父親が毎週のように見ていて、そこに便乗して見る事ができたので、私にとってはラッキーだった。

 この番組は生放送でドタバタコントをやっていたのだが、そこでの和田は、プロレスラーのザ・デストロイヤーせんだみつお湯原昌幸などにハリセンで突っ込みを入れたり、大の男をなぎ倒すイメージがあり、すごいタレントがいるんだと関心しながら見ていた。実はこの頃は、和田が歌手だったということを知らなかったのはここだけの話し。http://gfioayeior.exblog.jp/
https://eesite.me/gfioayeior


 世間では強いイメージが浸透していた和田だが、実際に会ってみると、そんなイメージが嘘のようで、優しく接してくれたのであった。私が和田と初めて会ったのは84年頃だった。当時はTBSのアイドル番組の公開収録を観に行っていた時のことで、番組の収録が終わってTBSラジオの玄関前で、出演者の出待ちをしていた時に、番組とは関係のない和田が出てきたのだ。…
この時に別の番組の収録があったみたいで、たまたまアイドルと出る時間が一緒になったということだった。その時に和田は直ぐに車に乗り込んでしまったが、そこで私が「アッコさん」と声を掛けてみると車の窓を開けてくれた。そこで少し会話をすることができたのだ。他愛のない話しだったが、しっかり私の言葉に聞き耳を立ててくれたので、すごく嬉しかった。

 それから私がハマりまくったドラマ『スクール☆ウォーズ』(TBS系)に和田が出演。劇中の和田は怖いイメージもあったが、内面の優しさも見え隠れするシーンも多くあって、同ドラマには欠かせない存在だったと言える。バラエティでイケイケだったり、シリアスな演技を見せてくれたり、もちろん歌手としても聞かせるいい曲を歌ってくれる和田は、子供心にすごいエンターテイナーと感じていた。

 ここですごい偶然があり、私が高校を卒業してホリプロで芸人として活動をすることになったのだ。ホリプロといえば、和田の所属事務所であり、近いうちに和田に会えるのではという期待を持っていた。しかしなかなか会うこともできず、同じホリプロの和田のものまねでお馴染みだった吉村明宏とはすぐに会えた。吉村も優しい人で生で和田のものまねを見せてもらった時には感動させてもらった。http://gfioayeior.japan-site.net/
http://gfioayeior.asks.jp/581.html


 吉村の話しはさておき、ようやく和田と会えたのは1年後くらいだった。ホリプロ制作のバラエティ番組があり、その番組の司会を和田が担当した。…