読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマや映画で大人気の俳優・西島秀俊

ドラマや映画で大人気の俳優・西島秀俊。そのルックスとクールかつ渋めの役どころで、30~50代のマダムたちを虜にしている。結婚時には“西島ロス”などファンに多大なるショックを与えたが、45歳を迎えた今、意外なことが起こっている。

 話題になっているのは西島が出演している「アリナミンEXプラス」のCM、「本気でなんとかしたい肩こりに」篇。西島は肩こりに悩むサラリーマン役を演じているのだが、その顔はなぜか目尻のシワが消えたツルツル美肌で、CM視聴者たちが「西島秀俊って気付かなかった…」「森進一みたいな顔になってる」「こんな顔だったっけ?」とweb上で意見を交換している。http://cogoole.jp/searches/blog_detail/479/41686
http://www4.hp-ez.com/hp/faoieurho


 特に強い違和感が指摘されているのは、鼻・頬・目元部分。鼻と頬の部分がこれでもかというほど張り出ており、細身の体と不釣り合いでかなり不自然に感じると話題になっている。また、CMの最後では顔を正面から捉えたシーンが映るが、目が妙に腫れぼったいだけでなく、目の周囲がくぼんで小さくなっているようにも見える。目尻のシワ消失もさることながら、皮膚の表面が突っ張っていることから、「アンチエイジングのボトックス注射」の実施をしたのでは、と見られている。

 実は以前から整形疑惑はあった。

 もともと鼻筋の通った高く大きめの鼻が特徴的な西島だが、この鼻も20代前半とブレイク後とでは「微妙に違う」というのが西島ウォッチャーの間では定説。鼻筋が長く、鼻の頭も高くなっていることが指摘されている。…
また、鼻が向かって右に曲がっているという指摘も多いのだが、デビュー当時に出ていた『はぐれ刑事純情派V』(テレビ朝日系)や『あすなろ白書』(フジテレビ系)では鼻が曲がっていないこと、目元が現在のような奥二重ではなくパッチリとした二重だったことなどから、整形説が唱えられている。

 しかし加齢も味になるのが役者といういきもの。役に合わせた改造ならばまだしも、違和感をもたらすアンチエイジングをする必要はないように思えるのだが、果たしてこのCMの西島は本当に本人なのだろうか……? ただ、演じる役のために筋トレでムキムキの筋肉をまとったり、1カ月で10キロ以上の減量を行うなど、西島はストイックな性格の印象が強い。結婚条件の厳しさも話題になったが、妥協を許さないタイプのようだ。ともすれば、自分の理想の顔になるために整形したとしても不思議はないのかもしれない。ファンを魅了してきた中年男性特有の色気や渋さを失ってまで、理想を追い求めて欲しくはないが……。

http://faoieurho.amsstudio.jp
http://faoieurho.exblog.jp/

1968年に『星空の孤独』でデビューを果たした和田アキ子

1968年に『星空の孤独』でデビューを果たした和田アキ子。子供の頃から和田をテレビで見ていて、良く知っていたのだが、和田が歌手だということを知ったのは、かなりの月日が経ってからだった。

 そんな和田の存在を意識するようになったのは、たしか小学校低学年の頃だった。『金曜10時!うわさのチャンネル!!』(日本テレビ系)というバラエティ番組が放送されていて、その番組が死ぬほど好きな小学生だった。放送時間が遅いことで小学生にとっては敷居の高い番組でもあったが、4つ上の姉や父親が毎週のように見ていて、そこに便乗して見る事ができたので、私にとってはラッキーだった。

 この番組は生放送でドタバタコントをやっていたのだが、そこでの和田は、プロレスラーのザ・デストロイヤーせんだみつお湯原昌幸などにハリセンで突っ込みを入れたり、大の男をなぎ倒すイメージがあり、すごいタレントがいるんだと関心しながら見ていた。実はこの頃は、和田が歌手だったということを知らなかったのはここだけの話し。http://gfioayeior.exblog.jp/
https://eesite.me/gfioayeior


 世間では強いイメージが浸透していた和田だが、実際に会ってみると、そんなイメージが嘘のようで、優しく接してくれたのであった。私が和田と初めて会ったのは84年頃だった。当時はTBSのアイドル番組の公開収録を観に行っていた時のことで、番組の収録が終わってTBSラジオの玄関前で、出演者の出待ちをしていた時に、番組とは関係のない和田が出てきたのだ。…
この時に別の番組の収録があったみたいで、たまたまアイドルと出る時間が一緒になったということだった。その時に和田は直ぐに車に乗り込んでしまったが、そこで私が「アッコさん」と声を掛けてみると車の窓を開けてくれた。そこで少し会話をすることができたのだ。他愛のない話しだったが、しっかり私の言葉に聞き耳を立ててくれたので、すごく嬉しかった。

 それから私がハマりまくったドラマ『スクール☆ウォーズ』(TBS系)に和田が出演。劇中の和田は怖いイメージもあったが、内面の優しさも見え隠れするシーンも多くあって、同ドラマには欠かせない存在だったと言える。バラエティでイケイケだったり、シリアスな演技を見せてくれたり、もちろん歌手としても聞かせるいい曲を歌ってくれる和田は、子供心にすごいエンターテイナーと感じていた。

 ここですごい偶然があり、私が高校を卒業してホリプロで芸人として活動をすることになったのだ。ホリプロといえば、和田の所属事務所であり、近いうちに和田に会えるのではという期待を持っていた。しかしなかなか会うこともできず、同じホリプロの和田のものまねでお馴染みだった吉村明宏とはすぐに会えた。吉村も優しい人で生で和田のものまねを見せてもらった時には感動させてもらった。http://gfioayeior.japan-site.net/
http://gfioayeior.asks.jp/581.html


 吉村の話しはさておき、ようやく和田と会えたのは1年後くらいだった。ホリプロ制作のバラエティ番組があり、その番組の司会を和田が担当した。…

映画『超高速!参勤交代 リターンズ』の初日舞台あいさつが10日

映画『超高速!参勤交代 リターンズ』の初日舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の佐々木蔵之介深田恭子伊原剛志寺脇康文、知念侑李(Hey!Say!JUMP)、柄本時生陣内孝則、西村雅彦、本木克英監督が登壇した。

 2014年に公開された『超高速!参勤交代』の続編となる本作は、江戸時代に通常10日はかかる道のりを実質4日で参勤(行き)した磐城国湯長谷藩の交代(帰り)を描く。https://eesite.me/fgaieuoria
http://blog.rmake.jp/fgaieuoria


 主演の佐々木は「まさかの続編でした。誰もが次をやるとは思っていなかった。多くの方に応援していただいて、今日を迎えることができました」とあいさつした。

 一方、西村は、鑑賞後のファンに向かって「知念くんの裸に興奮したはずだ!」と演説口調で語ると「その興奮を持ち帰って拡散していただき、ジャニーズさんの力を借りてこの映画を広げましょう。知念さん、ありがとう。バンザイ!」と熱く訴えた。これには知念も「興奮していただいてありがとうございます」と照れ笑いを浮かべるしかなかった。

 会場では「もしパート3が作られるとしたら何役を演じたいか?」という質問も。これに佐々木は「無理難題を言う方もやってみたいので(陣内が演じた幕府側の)信祝さんがいい」としつつも「そう言いながら深田恭子さんとの夫婦のポジションを外すというのは痛いので、一周回って(今と同じ)殿の役で帰ってきます」と答えた。

 深田も「藩の皆さんがいわき弁で盛り上がっているのがうらやましかったので、私は同じお咲でも、急に皆さんからいわき弁がうつったということで、(お話に)参加してみたいなと思います」と同じ役を希望した。…http://cogoole.jp/searches/blog_detail/478/41683
http://fgaieuoria.amsstudio.jp


続いて伊原が「深田恭子さんになって佐々木蔵之介に愛してもらいたい」と意味深にアピールすれば、西村も「お咲の役ですね。佐々木さんと熱い抱擁をしてみたい。愛を語らい合いたい」と熱烈なラブコールを。これには佐々木も「いっぺんはやってみます」とタジタジの様子だった。

 また、寺脇は「知念くんのふんどしになってみたい。頑張って隠したい」と人ではなく物になりたいと回答。知念が「僕は結構動くので大変だと思いますよ」と抵抗するも、寺脇は「腰にしがみつくから大丈夫」とノリノリで返し、会場の笑いを誘った。

米カリフォルニア州ハリウッドの「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」

チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』などで知られるティム・バートン監督が現地時間8日、米カリフォルニア州ハリウッドの「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム」に名を刻み、殿堂入りを果たした。https://eesite.me/fgaieuoria
http://blog.rmake.jp/fgaieuoria


 独特の世界観と映像センス、そしてジョニー・デップを筆頭として数多くのハリウッドスターの新たな魅力を世に送り出してきたバートン監督。米ロサンゼルスのTCLチャイニーズ・シアター前に特設されたセレモニー会場には、数多くの映画ファン、報道陣が集まった。

 笑顔のバートン監督は「完璧だ。本当にシュールだ。私はロサンゼルス育ちだから、こういう場所を何度も歩いているけれど、実際にこうしてプレミアが開かれてとってもシュールな感じだ」とコメント。「映画に満足していただければよかった。とてもすばらしいことだ。皆さんに来ていただいて、ありがとう!」と喜んでいた。

 お祝いのスピーチに駆け付けたのは『ビートルジュース』『シザーハンズ』など、初期のバートン作品には欠かせない存在であったウィノナ・ライダー。黒を基調にしたシックなドレスに身を包み、監督へ「人間に与えられる可能な限りのユニークさと、異常なくらいの才能を持っている」と賛辞を贈った。http://cogoole.jp/searches/blog_detail/478/41683
http://fgaieuoria.amsstudio.jp


 バートン監督の新作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』は、30日より全米公開。ベストセラーを原作にしたこの映画は、別世界で展開される秘密のファンタジー・ワールドを舞台に、人と“ちょっと違う”ことはステキなことで、「どんなに奇妙でも、ありのままの自分でいること」を肯定し、勇気付けてくれる作品。エヴァ・グリーンエイサ・バターフィールド、サミュエル・L.ジャクソンらが出演している。

続いて、秋ドラマの主役となりそうなのが

続いて、秋ドラマの主役となりそうなのが「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日本テレビ系)で主演を務める石原さとみ(29)だ。スポーツ紙芸能デスクが語る。

「このドラマが放送される水曜の夜10時は働く女性をターゲットにした枠で、石原は5年前にも『ブルドクター』に脇役で出演しました。アラサーになった今回のドラマでは、現場で座長のようなリーダーシップが求められるだけに気合いが入っています」

 石原の役どころは、ファッション誌の編集志望で出版社に就職した新人OL。ところが、配属されたのは校閲部。原稿の間違いなどを校正する地味な部署に回されてしまうのだhttp://www.mypress.jp/u/faeuoaroiu/
http://fgaieuoria.exblog.jp/


「さとみちゃんはドラマの役が決まるまで、校閲という言葉を聞いたことがなかったそうです。でも、具体的な仕事の中身を知って『校閲がいなければ本が出来上がらないですね、これから勉強します』と張り切っていました」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

 がむしゃらに文字と格闘するOL向けドラマとあって、オジサマ族にはソッポを向かれそうだが‥‥。

「ドラマは10月からの放送で、まだクランクインしていませんが、先んじて行われた衣装合わせでは、見えそうで見えない露出過多なキャバ嬢も顔負けのド派手な衣装が用意されました。スチール撮影のため何着か試着したさとみちゃんは『ちょっと~派手すぎ~』と赤面していたほど」(ドラマ関係者)

 このセクシーな「キャバ服」の谷間から、こぼれんばかりの“旬乳”を披露した石原は、

「こんなエロいの着てるOLっている!?」

 と、エロトークで大盛り上がりだったという。…
この谷間見せ衣装で動くと、さとみちゃんの胸がユサユサと揺れるんです。そのサイズと成長ぶりに驚きました。5年前と比べて谷間が20~30%はボリュームアップ、事務所の先輩の綾瀬はるかさんに迫るほどの巨乳に変身しています」(前出・ドラマ関係者)

 石原に負けじと胸元アピールに励んでいたのが滝川クリステル(38)。8月22日放送の「メダリスト大感謝祭SP」(フジテレビ系)の司会として生出演した滝川の様子を番組ディレクターが語る。http://fgaieuoria.asks.jp/766.html
http://fgaieuoria.free-homepage.biz/


「安定したアナウンス力で生番組のMCの役割をきっちり果たしていた滝川ですが、その舞台裏ではちょっとしたハプニングがありました。彼女の衣装はシャンパンゴールドの派手なドレスだったのですが、二の腕がまる出し、しかも上半身がタイトなデザインだったため、胸の形がクッキリ浮き出るほどの妖艶さでした。リオ帰りのメダリストたちは思わぬセクシーなおもてなしを受け、目線が釘づけとなっていました」

 4年後の東京五輪でも、この“金乳”シルエットで日本選手を鼓舞してほしい。